とうとう取引する時という場面では第一に事前調査をおろそかにしてはいけません。売買を行う前であるならば、相場を論理的に観察する事が可能です。だが、ひとたび取引の内側へ入ってしまうと、見解が客観性を欠くものになる場合があり時には冷静な状況がわからなくなる恐れが生じる。だから自分の考えが冷静な場面で、きちっと準備する事が大切なのだ。この”j事前準備”のためには、始めにあなただけの脚本を作る事から行います。あの通貨はこうなるだろうからNZドルを売買するというような、自分の台本を書いていきます。次に重要なのはチャートを調べましょう。これまでの為替レートの上下動を確認して現時点での位置をチェックします。そうすると、「今現在は割りに偏った状態である」あるいは「とっくに大勢の人々が勝負している今さら大急ぎで買い(または売り)してももう遅いな」ということが見えてくる。無論今となっては取引するのが遅いと感じたら、手を出さないで、すっぱりと諦めることが肝心です。どうしてもあなたのストーリー展開を押し通そうとして、諦めずに売買すると、相場に押し返されて、それどころかマイナスになりかねない。とは言うもののたいがいの状況で、緻密な自分自身のシナリオを作っているとすれば、仕かけるのがやりようがないという具合にはならないでしょう。大方、リアルに外国為替相場が変動する前のはずです。次は、自らがエントリーしようとしている売買ポジションの変動をじっくりと確認する事が必要です。仮定としてドル高に向うと予想する物語を記したのであれば、その外貨の推移に注目する事が大切です。外国為替市場の変化を気をつけ始めた状況では、まだ該当の外貨は目立って上下動する兆候を見せず上下に小幅な変化を繰り返しているだけだろう。しかしながら、その変動をしっかりと注目しているとあるポイントでドル高の方向へと動き始めてくる。そこでいよいよ、ドル円の新規取引します。普通、周到に計画を進めておけばそのエントリーで勝つ率は割合高くなります。