愛車を売るときや、そして車両の売却手続きの時も印鑑証明という書類が必要です。それではこの印鑑証明に関して説明しましょう。印鑑証明という書類はその印鑑が実印として効力を持つことを裏付ける目的を持つ書面です。これがなければ使っている印鑑が実印として認められているかどうかがわかりません。個人にとっては相当高額な売買になる自動車の売却なので、どうしても実印が必要になることになりますがその時にこの印鑑証明も登場します。役所で印鑑証明を実際に発行するためにははじめに印鑑証明する必要があります。書類に登録する印は普通、実印と呼ばれ世界で唯一の判子である必要があります。この実印を持って、市町村役場へいけば、すぐに印鑑登録できます。手続きが終わると印鑑登録カードというものが発行されその印は実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうためには市役所などの窓口へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持参する必要があります。さらに、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付することができます。印鑑証明には有効期限はありません。なので、いつの印鑑証明だとしても証明書としての効力は消えないということです。ですが、中古車買取の際には必須条件として3ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。通常は期限を定める必要はないですが、所有車の買い取り時には買い取り先が有効期限を教えてくれるのでもしも自動車の買取を考えているとしたら手放す前に持っておくとよいでしょう。